たんぼくんとイネ子ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS マーガレットアナライズ 新ルール

<<   作成日時 : 2009/04/24 23:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まず
4パラメータと剣15種に名前をつける。
以下フォーマット
---------------------------------
HP:
攻撃力:
防御力:
素早さ:

斬撃剣:
高速剣:
重撃剣:
蟲毒剣:
衝撃剣:
絶対剣:
魔法剣:
デス剣:
加速剣:
加熱剣:
加護剣:
盾の剣:
鏡の剣:
命の剣:
回復剣:
--------------------------------
※そのままの順序で公開されるため、適せんシャッフルすること。

さいしょに
ラベルを指定して、自分の剣技を1枚オープンできる。

しあい
相手が決めたパラメータと剣技名を使って剣士をつくる。
途心10。
2ラウンド目からは変動5。(5点弱体、5点強化)
※回復剣について・・・特に指定がなければ回復剣1になる。
  指定したければ<回復剣があれば遅延4>などと補足する。

【↓新ルール】

ライフライン
各ラウンドの前に、ライフラインを使える。
一度にいくつ使ってもいいが、一種類のライフラインは一度まで。

<カードオープン>
任意ラベルを指定して、パラメータ/剣技を一枚オープンする。

<ソードサーチャー>
特定の剣技を2つ指定し、「この4枚のうちどれか」まで明らかにする。

<プレイメモリー>
前ラウンドの戦闘の詳細をオープンにする。具体的には、(決着ターン)(お互いが相手に
与えた最大ダメージ)(付与された状態異常の合計数)
※フェイクの場合は、どこか一カ所が嘘となる。

<サモンナイト>
前のラウンドの相手に対して、自分のパラ/剣技を使って途心自由の剣士を作成して戦わせる。勝敗を得る
ことができる。ポイントに換算されない。

<フェイク>
このラウンドで相手が使用したすべてのライフラインに対して虚偽の情報をかえす。
相手のライフラインを予測して、任意の嘘情報を指定することもできる。(真情報はかえせない。)


使わないときは「使いません」って電報してね。

【↑新ルール】

かちまけ
勝利したラウンドのラウンド数ぶんポイントを得る。
基本全5ラウンド。
累計ポイントの多い方が勝ち。

ゲームの流れ
相手のパラ名・剣技名の決定

自分のパラ名・剣技名を受け取る

ライフライン受付(15分)

ライフライン回答(同時)

シンキングタイム(15分)

試合

ライフライン....




5ラウンドまで終了したら試合終了。


【ライフラインについて(GM宛て)】

※フェイクは、プレイヤーの指定がなければランダムに決定する。

<カードオープン>
 ※フェイクの場合は、真のパラ/剣技以外の3種/15種からダイスでランダムに決定。

<ソードサーチャー>
特定の剣技を「この3枚のうちどれか」まで明らかにする。
 ※残りの2枚は15ダイス+14ダイスで決定。
 ※フェイクの場合は本当のカードを除いて15ダイス+14ダイス+13ダイスで決定。

<プレイメモリー>
前ラウンドの戦闘の詳細をオープンにする。具体的には、(決着ターン)(お互いが相手に
与えた最大ダメージ)(付与された状態異常の合計数) 
 ※「付与された状態異常」は、すなわち「命の剣、盾の剣、鏡の剣発動回数」+「衝撃剣、蟲毒剣でダメージをくらった回数」となる。
 ※フェイクの場合は、5ダイスを振って、<決着ターン><自分が敵に与えた最大ダメージ><敵が自分に与えた最大ダメージ><自分の状態異常個数><相手の状態異常個数>を操作する。
 ※数値は、6ダイスを2回振って+最初の値-2番目の値 とする。元の値と変わらなければ、異なる目が出るまで振る。
 ※決着ターンがフェイクで0以下になった場合は1とする。
 ※それ以外の数字がマイナスになった場合は0とする。

<サモンナイト>
前のラウンドの相手に対して、途心自由の剣士を作成して戦わせる。勝敗を得る
ことができる。ポイントに換算されない。
 ※逆の結果を返す。引き分けの場合は2ダイス振って1が出れば勝ち、0が出れば負け。

<フェイク>
このラウンドで相手が使用したライフラインに対して虚偽の情報をかえす。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

案内

マーガレットアナライズ 新ルール たんぼくんとイネ子ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる