お金を使ったゲーム


経済とゲームは切っても切れない関係にある。らしい。
とりあえず昨日のNHKの番組が面白かった。RAYさんの経済ゲームで味わった絶望を感じざるを得ない。
私もゲームを作ってみた。




ジャンル:チャットゲーム
プレイ人数:3~6人

ルール:
プレイヤーは初期資産200円を得る。
資産はマイナスにはできない。
ダイスで行動順を決定。

自分のターンになったら、次のどれかを選んで行動する。
1.工場建設
 野菜工場、米工場、衣服工場、住居工場のどれかを建設する。費用はいちりつ50円。
2.製造
 建設した工場で商品を作る。1度に何個作ってもよい。
野菜工場…野菜を製造。費用は単価10円。
米工場…米を製造。費用は単価20円。
衣服工場…衣服を製造。費用は単価30円。
住居工場…住居を製造。費用は単価40円。
3.取り引き
 他のプレイヤーと商品の売買、もしくは交換を行う。交渉は自由だが、実際のやりとりは1ターンにつき1回。

全員10ターン経過したら終了。

勝者:
・商品(野菜、米、衣服、住居)を全種類持っているプレイヤーが一人であれば、そのプレイヤーの優勝。
・商品を全種類持っているプレイヤーが複数いれば、その中で最も所持金の多いプレイヤーの優勝。

(所持金が同じならその中で建設した工場数の多いプレイヤーが優勝。)
(工場数も同じなら、住居工場>衣服工場>米工場>野菜工場 とし、より強いカードを持つプレイヤーが優勝。これも同じなら同率優勝)

・商品を全種類持っているプレイヤーがいない場合、全員敗北。




とかく、乱数もなく読み合いや隠された手札もないゲームというのは、互いの手段が見えるためすぐに「詰み」状態になりかねない。
勝利条件が数段構えなのはカンザキナオ予防だけど。

この記事へのコメント

  • utsm4

    3名:住居工場を買った人が勝利なのでゲーム破綻。
    4名:同上。200円で4名では商品を買いきれない。
    5名:全員が住居工場+X工場+全商品+資金0でクリア。

    プレイヤー5人が結束すれば同率優勝。Fin。
    全員の資金が0になるので交渉の余地が殆どない。

    1:プレイヤーは住居工場+何かの工場+住居 を作る。

    2:それぞれが適正な数商品を作り分配する。
    2009年11月30日 21:26
  • u4

    6人目:5人が工場2+全商品+0円でトップにたっているので
    6人目は優勝不可。
    優勝が不可能なので交渉する必要もない。
    2009年11月30日 21:27
  • さまんさ

    コメント遅くなってすみません。
    完全情報ゲームだと必勝法がすぐ割れるのはしょうがないね。
    リアル経済で物の値段が決まっていく仕組みを再現するにはどうすればいいんだろう。
    2009年12月22日 00:28