たんぼくんとイネ子ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS SPE1感想

<<   作成日時 : 2018/10/07 02:00  

トラックバック 0 / コメント 0

ブログを書くのも久しぶりですね。

PIP4以来の野外アナログゲーム参加レポです。


SPE「スモールピースエンペラーズ」主催:ポーン氏

すごい覚えにくい名前ですけど、

なんか事前公開されていたストーリーは面白そうでした。


特に「細切れの王」っていうフレーズが最高でしたね。
SPE憲章にあります。

燃えたんだよ。

ほんとはまじでそのへんのストーリー的な?やつをかなり期待しちゃってて、

実際のとこはあんまフレーバー的要素なかったのは、まあ残念でした。


結論からいうと神ゲー、

まあ順を追って話しますね。


なぜあの時その行動をとったのか?みたいなログ的なものを書いていきます。



【自己紹介】

実際のところ、自己紹介がゲーム展開に影響することってそんなないと思うんですよ。

でもみんな気合を入れるんですよね。

そりゃそうですよ。だって、一番最初にとることができて、しかも全員に平等に機会が与えられているアクションフェーズなわけですから。いろいろ考えるわけです。

みんな奇天烈な自己紹介を聞きながら、「ああ、あの人は仲間集めを重視してそうだなあ」「あの人はゆるそうに見せかけてガチ勢だなあ」みたいなね。

私は「目立つこと」「ほどよくゲームが上手そうにみえること」「友好的そうであること」を目指してました。結果的にただの狂人でしたね。


【スタートダッシュ】

最初にみんな2つのことで悩んだと思います。

「誰かと組むべきか、誰と組むべきか」「探索に行くべきか、様子を見るべきか。どこに探索に行くべきか」

基本的にコミュ力で劣る自分は、コミュニケーションで利を得ようとしても1番になれない。

むやみに人を疑うし説得もできないライアーゲーム絶対勝てないタイプの人間です。

でも、勇気を出してふぇありーさんに声をかけてみてよかったです。自分くそ不愛想なのにふぇありーさんはすごく親切でした。妖精かな。

後半戦の話になりますけど、運命とか覚醒とか呼ばれるチーム分けのくじびきでふぇあたそと同じチームでやはり運命?
似たようなことが結構あったみたいですね。


【ピックアップ】

SPE1の最大の神要素は探索

たとえば、「ケヤキとムクノキの間を飛ぶムクドリ」など、公園内にあるもののチェックリストが配られて、それぞれ見つけたら基本のリソースとなるMPがもらえるシステムです。

チェックリストはなぞなぞみたいなものもあり、そのまんまのお題もある、実にほどよいバランスだった。



沢山の候補から厳選したんだろうなっていう、

ただリストを埋めていくだけでも十分にゲームとして成立するほどの珠玉のリストだった。


特に思い出深いピックアップはこちら。

・「四角形、五角形、五角形、四角形、五角形と連続した石床」一番最初に噴水のあたりでフェアリーさんとがんばった。「四角形、四角形、五角形、四角形・・・あっだめだっ」っていうのを延々とやってました。もしかしたらあの時が一番楽しかったかも。

・樹木29番。これは自力で見つけた高得点MPだったので嬉しかったです。偶然30番の木を見つけて、この近くにあるかもしれないとじっくり探したらちょっと離れた場所に見つかったわけですね。あれはうれしかったです。

・「いろはもみじ」「おにぐるみ」これも自分で見つけました。樹木系は強いかもしれない、でもゆすりはは見つからなかったです。


全部を自分で見つけようと思ったら4〜5時間かかるんじゃないと思います。

多数の人が仲間と時には敵とも教えあって共有しあったんで、ゲーム全体のMPの総量はかなりのものになりました。


【ゲームバランス】

そういうわけで、ピックアップにはプレイヤー間の差が大きく出なかったわけです。

結局、勝敗を決めたのはそのMPの使い方、特にジョブスキルをどう使うかっていう部分とあとガチャ運だったわけです。

でも、もっとピックアップを共有しないようなシステムだったら、みんなの時間の使い方がもっと違っていたんじゃないのか?って想像したりね。

ピックアップする?それとも、バトルする?みたいなね。


【自分の立ち回り】

改めて個人情報を。

ジョブ:ヒーラー
MP3消費で、戦った相手のHPを全回復。

回復した分だけ☆ゲット(最大4点)


基本的に、MPと☆は1:1交換で、それもHPを支払ってですから、1:1.33で交換できてしかもHPが回復するってのはあからさまに強スキルだと思ったわけです。


実際ヒーラーは強かったと思う。でも、あそこで思考停止というか、

周りを見ずに「いかに効率よくヒールするか」ばかり考えるようになってしまったことがよくなかったよね。


なんでそうなっちゃったかっていうと、
「情報はコンタクトしたり、仲間とコミュニケーションをとっていれば自動的に入ってくる」
って思いこんじゃってたんだよね。

大事な情報は自分からとりにいかなきゃいけなかったし、考えることも人に任せちゃいけなかった。


緑の民として、緑チームに貢献してたつもりだったけど、

皇帝としてリーダーを買ってくれたちょむさんに任せっきりになっちゃってた、少なくとも私は。

全員が自主的に考えられるチームだったら、もっと違ってたんだろう。

そういう意味で、今日の私はゼロ点。

そういうわけで、緑は負けてしまった。

本当に自分はふがいない。申し訳ない。勝てるチャンスをいくつか逃した。

次はぜったい明鏡止水なあたしがくるよ。


【勝敗】

個人的なメモとして、嬉しかったから書くんですけど、

個人勝利は1位がeikaさん、2位がノノネヌさん、3位がstaraさん

でした。

ところで、同じヒーラーで同じチームなのにstaraさんと30点の点差があった理由を聞けないでいた(私は62点)。

皇帝からもらったMPの差はあったかもしれないが、そこまではなかったような・・

効率の回し方がやっぱり上手かったのかな。




月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

案内

SPE1感想 たんぼくんとイネ子ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる